マーケットの動向

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを売買の注文をして利益を得る投資です。

 

買ったり売ったりの値段は四六時中変動しています。

 

これがマーケットです。

 

インターネットでニュースをみていると、外貨の為替相場のニュースが流れる状況があります。

 

よく見るのが「為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。

 

言い換えると、外為取引には買いと売りの両方の価格があるという事です。

 

売値、買値の事を別の言い方で示しているFX業者も存在しています。

 

通常は売値が低い値段になっています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

その差額をスプレッドといい、FX会社の利益となっています。

 

スプレッド幅は会社によって違います。

 

スプレッドの広さは負担になるので小さい取引業者を選択するほうが有益です。

 

ただし、同じFX業者でも状況に応じてスプレッドの幅は変動します。

 

もしも平常時は円とドルのペアで1銭のスプレッドだったとしても為替の変動が激しい状態では3銭、4銭になったりする状況があります。

 

という訳で、スプレッド幅が狭いのと同じくらい、変化が少ないのが肝心です。

 

この頃では固定したスプレッドの広さを見せる取引業者もいろいろ存在します。

 

実際にFX会社の売り買い画面の中で現実の相場を確かめなければ見分けられないので手間がかかりますが大切な事です。

 

貴重な投資資金を使ってトレードをしますのでリアルな売り買いの前に、気になる取引会社の新しい口座開設を全てして、表示されているスプレッド幅を知っておきましょう。

 

同じ外貨でもそのときの為替の条件によってスプレッドの狭さは異なります。

 

普通は、インターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高いペアではスプレッドの幅が狭く、他の通貨ではスプレッドの広さが広がる事がよくあります。